トリコモナスの原因になる原虫には種類が存在します。種類により感染する部位も違ってきます。

体内に潜む菌が原因であるカンジダについて

カンジダはイースト菌の一種で異常増殖することによってさまざまな慢性的な健康問題を引き起こす病気です。
多くがイースト菌感染症で、何かしらのイースト菌感染症に一度かかると強いかゆみや排尿時にヒリヒリすることがあります。
白く濃いおりものが出ることもあり、感染している女性は多くいます。

通常正常な状態ではカンジダは皮膚や腸内・膣内にあっても無害ですが、カンジダ菌細胞は不健康な生活をおくっていたり特定の処方薬を服用している際に増殖します。
免疫力が低下していたり闘病中の場合カンジダ菌を制御することができないくらい増殖することがあり、膣内イースト菌感染症の場合膣内における正常な酸性度が変化しイースト菌の増殖を許す場合などに発症するでしょう。
女性は経験する可能性が高く免疫力が低下した人が多く発症していて、ホルモン変化を経験している場合に可能性が高くなります。
例えば妊娠している時や糖尿病になっている場合、抗生物質などを使用している時も発症しやすいです。
通常性器カンジダ症などになるのは、身体が不調かバランスが崩れていて体内に存在するカンジダ菌が制御できないようになり増殖した時に病気を引き起こします。

性器カンジダ症などの兆候として消耗感があったり、砂糖や炭水化物などを欲するようになります。
これらは体内においてイースト菌が増殖する燃料になり、自然と摂取したくなるのです。
症状を予防したり改善する方法の一つとして燃料となる砂糖や穀類、果物やジュース、パンやパスタなどを食べることをやめたり控えることが大切になります。
特に砂糖や穀物などを取るとイースト菌の制御が効かなくなり免疫力のシステムが弱まってしまうことから、イースト菌がさまざまな器官に浸潤することを許してしまうので多くの健康問題を引き起こすことになるでしょう。
性器カンジダ症にかからないように日頃から予防に努めたり、免疫力を低下させないようにすることが大切です。

カンジダの治療薬について

性器カンジダ症の治療のためにいろいろな治療薬がリリースされています。
例えばニゾラールは主成分がケトコナゾールで、性器カンジダ治療はもちろん水虫治療や薄毛治療などにも用いられていて、中にはシャンプータイプのものも提供されています。
ニゾラールの特徴として効果の持続時間が長いことがあげられ、他のクリームタイプのものより少ない塗布回数でその効果を発揮することが可能です。
ケトコナゾール系の薬にはいろいろな種類があるので、自分に合ったものを選択することができるでしょう。

クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬です。
感染症の治療薬としてよく利用されていて、水虫の原因でもある真菌の一種である白癬菌に対しても効果があります。
女性の膣に炎症を起こす体内に常在する真菌が原因で起こる性器カンジダ症にも用いられていて、症状の原因となる真菌を殺菌することが可能です。
エンペシドはカンジダ菌などに優れた作用を発揮するクロトリマゾールが配合されています。
デリケートな部分におけるつらい症状を改善することができ、エンペシドなどのさまざまな薬を選ぶことができるでしょう。

性器カンジダ症は女性に多い疾患で、カンジダ属の真菌によって発症します。
もともと体内に持っている菌ですが、性行為によって感染することもあるので注意が必要です。
もともと体内に持っていることが多く、体調を崩したり免疫力が落ちた時などにさまざまな不快な症状を引き起こします。
性器カンジダ症に応じた薬を利用することによって、スピーディに症状を改善することができるでしょう。
医師に相談したり、インターネットを利用するとリーズナブルな価格で治療薬を購入することができます。

関連記事